仙台フィルハーモニー管弦楽団の西本幸弘(ヴァイオリン/コンサートマスター)、三宅進(チェロ)、助川龍(コントラバス)、西沢澄博(オーボエ)の4人が3ヶ月毎にパーソナリティを務め、誰でも気軽に楽しくクラシック音楽に親しんでいただく30分。
毎回、県内の中高生も出演しトークへ参加。様々な切り口からクラシック音楽の楽しみ方をナビゲートします。

5月13日(土)の第2回放送は、仙台フィルハーモニー管弦楽団の三宅進(チェロ)さんが編集長となってお送りします。テーマは「チェリストの日常」「チェリストに聴きたい10の質問」です。お楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です