さて、番組の後半は、音楽を勉強したり、楽しんでいる中高生をスタジオにお招きして、プロの演奏家と音楽談義をして頂くコーナーです。

7月31日から8月4日まで宮城県内各所で開催された「第41回全国高等学校総合文化祭 みやぎ総文2017」の器楽・管弦楽部門に参加された仙台白百合学園高校オーケストラ、菅原明音(すがわら あかね)さん、山本智奈(やまもと ちな)さん、大場寧々(おおば ねね)さんの3名にお越し頂きました!

3名とも高校3年生。菅原さんがヴァイオリンで、オーケストラ団長を務められていて山本さんはみやぎ総文祭ではコントラバスで演奏しつつ司会進行も務められました。大場さんがフルートで山本さんと同じく司会進行をなさったそうです。

《総文祭のお話しなど》

白百合学園のオーケストラは2000年発足。現在18代として団員が中高生あわせて58名。9月の学園祭でのステージ発表、12月のクリスマスコンサート。
仙台フィルからも講師の方が何名かご指導にいかれているようですね。9月17日には中学校弦楽合奏団が、TBCこども音楽コンクールに出場予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です