西本幸弘のVIOLINable―おんがく・ものがたり―3回目の放送となります。今日は、今月の定期演奏会プログラムでもあるラヴェルの「ボレロ」を実況中継しながら仙台フィルの人物紹介をしてみたいと思います!演奏だけでは知ることのできない仙台フィルメンバーの個性豊かで楽しいキャラクターをお届けしますよ。

早速ですけど、みなさんはラヴェルの『ボレロ』聴いたことありますか?


ほんと、もともとはバレエの音楽として書かれているのですが実はこれ、オーケストラ曲としてもとても面白い曲で、最小の音から、最大の音量までが一曲の中に表現されるんです。要素としては、同じリズム、同じメロディが様々な楽器で繰り返し演奏されるだけなのですが、不思議な高揚感があるというか人間の狂気とか、生命力を感じさせる音楽でもあります。

きょうのポイントは2つ!
ひとつめは、これから流す演奏は、仙台フィルの定期演奏会の音源です。2013年11月23日の第278回定期演奏会日立システムズホール仙台コンサートホールで演奏されたものです。指揮は、今月の定期と同じ仙台フィル常任指揮者パスカル・ヴェロさんです。

このオケを統率するのが、指揮者のパスカル・ヴェロ。僕たちにとっては11年間のパートナーでした。今後も仙台フィル初の桂冠指揮者ということで、折に触れていらしていただけるものと期待しています。

 

僕たちは、彼と年間3回の定期演奏会での共演のほかに、仙台フィルのメンバーのオーディションとか、様々な取り決めを相談しながらやってきましたし、震災の時も彼が心を寄せてくれて、いち早く復興のコンサートのために渾身の指揮をしてくれました。

音楽をやっていればまた必ず会えるとは思っていますけれども、次回の定期は僕たちにとってもほんとに特別。格別の想いで、彼に感謝の気持ちも載せて弾くことになるんじゃないかなと思います。

そして、きょう西本さんの実況中継でお聞きいただいた「ボレロ」を演奏する仙台フィル3月の定期演奏会が、3月16日金曜日午後7時からと3月17日土曜日午後3時からの2日間日立システムズホール仙台コンサートホールで開催されます。
2006年4月から常任指揮者として活躍されたパスカル・ヴェロさんの最後の定期演奏会となります。
チケットは、3月17日土曜日の公演は売り切れ、3月16日金曜日公演のみS席5,000円、A席4,500円で発売中です。
お問い合わせは、仙台フィルサービス ☎022-225-3934 までどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です